インプラント治療で使う機器

歯磨きの道具を使い分けて虫歯ゼロへ

虫歯は、口の中に常在する細菌による感染症の一種です。
口の中にはいろいろな種類の細菌がいますが、その中の特定の細菌は食べ物や飲み物の糖分をエネルギー源として増殖し、酸を生成します。
歯の表面は硬い組織ですが、酸にはとても弱いのが特徴です。
虫歯の原因となる細菌が作った酸により歯の表面が溶け出すと虫歯の始まりになります。
虫歯を予防するには、細菌対策・糖分対策・歯質強化がポイントです。

細菌対策では、口の中の環境を細菌にとって住みにくい状況に変えて細菌の数を少しずつ減らしていくことを目的にします。
虫歯の原因となる細菌は、糖分を使って増殖すると互いに塊となってコロニーを作り歯の表面に付着するプラークです。
プラークは細菌の塊なので、丁寧に取り除く必要があります。
プラークをできるだけ除去するのがプラークコントロールで、毎日の歯磨きが基本です。

ほとんどの人は毎日歯磨きをしていますが、効率のよいプラークコントロールのためにはその方法について考える必要があります。
歯磨きの道具として、ポピュラーなものは歯ブラシです。
歯ブラシは、歯の表面の広い部分のプラークを取り除くのに適しています。
プラークが付着するのは歯の表面だけではなく、隣接面と呼ばれる歯と歯の接している部分や歯と歯茎の境目にも溜まり、こういった場所は歯ブラシの毛先はなかなか届きにくい所です。
歯の表面以外のプラークを取り除くには、歯ブラシの他にもデンタルフロス、歯間ブラシ、タフトブラシなどの道具を使い分ける必要があります。

デンタルフロス、歯間ブラシ、タフトブラシはそれぞれ掃除をする場所が異なり、組み合わせて使うことでより効率のよいプラークコントロールが可能です。
糸状のデンタルフロスは、歯と歯の間に滑り込ませて側面をこすり汚れを取り除きます。
歯間ブラシは、歯と歯の間の歯茎をマッサージしながらプラークをかき取る道具です。
1本ブラシとも呼ばれるタフトブラシは、歯と歯茎の境目や一番奥の歯の後ろ側を磨くのに適していて、歯ブラシに加えてこれらの補助アイテムを使いこなすことができれば、虫歯の原因菌の塊をより効率よくとり除くことができます。

糖分対策も大切です。
虫歯の原因菌は砂糖を栄養源にして活発に活動しますが、キシリトールの糖分では代謝を行うことができず弱ってしまうことが知られています。
食生活を虫歯予防から見直すのであれば、キシリトール入りのお菓子を積極的に取り入れるのもひとつの方法です。

虫歯は、歯の表面が細菌の出す酸によって溶けることで進行します。
歯の表面の酸に対する抵抗性を高めることができれば、虫歯の発生リスクを下げることができます。
フッ素は歯質強化の強い味方です。
歯の表面を酸に強い構造に変える作用を持っています。
このフッ素の作用は小児期の歯に対して特によく発揮されるのが特徴です。
毎日の家庭でのプラークコントロールに加えて、予防歯科で定期的にフッ素の塗布を受けることが虫歯のリスク低減につながります。
最近では市販の歯磨き粉にもフッ素が配合されたものが多く、フッ素入りを選ぶこともポイントです。